nu-clear------->core

ようこそ腐の世界へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

逆境無頼カイジ 第十五話『天空』

ざわざわ・・・ざわ・・・


続きはネタバレ





さ、佐原あああああぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


佐原の出番が終わっちまったよ・・・orz



原作でも思ったんだけど、カイジ、佐原が落ちた時クール過ぎない?
なんか、もうちょっと引っかかってくれよと思うのはオオノが佐原贔屓だから?

佐原落ちたけど、え、ゴール無いの?   みたいなノリでオオノはちょっと寂しい
ま仕方無いっすけどーコンビニでちょっと一緒に働いてただけだし・・・

でも悲しーーーーーー!佐原カッコ良かったよ・・・!

佐原の役って、どんな含みで福本先生は作ったんだろうか
以下反転で佐原について語ってみる。(この背景だとキレイに反転できないけど)
戯言なので見たい人だけどぞう



起死回生を狙う若者に襲い掛かる絶望、死。

努力の全てが報われるわけではないのが社会だということを
表しているのか?

それとも、一生懸命なようで、実際自分が思う努力なんて
社会からすればこれっぽっちでもないと言うことなのか

佐原って、別のキャラと立場が違うと思うんですよね。
まあ他のキャラについて細かく載ってないので憶測を越えませんが。
佐原は別に、返せない借金があるワケじゃなく、
なんとなく学生の時にダレちゃって、仕事に就けなくて、
一応バイトしてるけど、先が見えない。
どうにかしたいけど、どうにもできない。
そうゆうジレンマを抱えていたんだと思います。
だから、命がけのギャンブルだろうと、佐原にとっては
ホントに『未来を切り開くチャンス』だったんだと思います。

とか、書いてみたら、『やっぱ・・・他の人達と変わんないか』と
思ってしまったためここでヤメます(コラ

もし1000万手にとっても、それで這い上がるかは分かんないよなぁ
『佐原は這い上がれる子!』と言ってしまうのはあまりにも
愛フィルターがかかりすぎですよね(^^;

でも、なんとゆーか、『不慮の事故』みたいな、
そうゆうやるせなさはカイジのキャラの中では一番強い役だと
思います。

途中で落ちた太田とか中山の死ももちろん重いですけど、
佐原の落下は、悲しいとかより

人間の命とか人生って、なんだよ


と考えてしまうような、意味の深い死だと感じました。

でもカイジ本編にはあまり関係無いので、佐原に特別な
思い入れが無い人はここまで考えたりしないんだろうなー 笑

オオノが異常なだけです。スイマセン。合掌。






で、

コングラチュレーション・・・!おめでとう・・・!


画面暗っ!カイジ鼻しか見えないんですけど・・・
目に優しくないアニメだw


で、ついにきたーーーーーーーーEカードっ・・・・!!!!!!!

次から次へとカイジ君は休む暇ないなぁ

今週はリアルざわざわしたっ!

ガラスのルートはアニメの方が断然リアルで、見てて足がフワ・・・フワ・・・した。
あれ怖いよ・・・渡れるって知ってても怖い



バニ会長、ついに始動っ・・・!!!



箴言はマッドハウスの現場でした。
アニメーター、高校生ん時に一度志したなぁ・・・
でも雑然とする作業場を見る限り、半端なく大変なお仕事なんですね・・・
スタッフさんマジ尊敬です!
黙示録残り楽しみにしてますー!
ついでに一条をヨロシクお願いしますー!m(__)m


スポンサーサイト
福本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ざっわざわにしてみた | HOME | 人生は勝たなきゃ嘘だ・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。