nu-clear------->core

ようこそ腐の世界へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CRISIS CORE-FINAL FANTASY VII- その2

後半です。
こちらから見る人一つ前にうpされてる『感想前半』も
よろしければご覧下さい。ダラダラした感想ですが。


以下ネタバレ




で、またいろいろあり、最終決戦ですね・・・!
バノーラって、どこらへんなんだろう・・・
ジェネシスがジュースを作る天才だとわかって笑った

とりあえずラスボス(・・・)はジェネシスなんですね。
誰と最後戦うんやろ、と思ってたわ。
ただ、ジェネシスを滅ぼすんじゃなくて、『いい加減目を覚ませよこのポエム野郎!』
とザックスが渇を入れる感じですね 笑
ジェネシスも、結局は『僕はみんなでバカリンゴを食べたかったんだようぅ 泣』
とゆう意地悪な子供のだだこねだったらしいです(違)

やっぱり、CCの本軸は、ジェネシスじゃないんですね。
セフィロス・ザックス・クラウドの運命ですね。

そしてついにラスト。正直、ジェネシス倒してからずーっと泣いてました・・・。
てゆうか、ありえない・・・こんなに頑張ってるザックスがどうして
神羅に殺されなければならないのか・・・
『英雄』を夢見て、そのためにひたすらソルジャーの誇りを抱き、どんなミッションにも
全力でぶつかっていったザックス。
彼は何も悪くないのに、結局は神羅の手によりその人生を悲劇へと
変えられてしまった。
なんかもう、悔しくて仕方なかったです。それでもザックスは、愚痴をこぼさずに、
愛する人のもとへ帰ろうとした。
その健気さが、たまらなく切なかったです。

しかも、最終バトルが神羅兵っておまーーーー!!!!!!!!!!
こんな最後いやだ。どれだけ気持ち悪いモンスターでも、神羅兵に適いはしない。
だって、仲間だよ!?こんな理不尽な理由で、いつの間にかこちらが
『モンスター』にされているなんて・・・!

悔しくて仕方なかったから、無理だけどストーリーを変えてやろうと思った。
全部倒したらザックス生き残れるかなって微かな希望を探した。
涙で画面見えなかったけど頑張った。

でも、やっぱり運命は変わらないんですね・・・
神羅兵の攻撃に、倒れるザックス・・・
全身傷だらけで、おそらくもう助かることはない。
ミッドガルの手前で、倒れたザックスは、二度とエアリスの笑顔を
見ることはできない。
でも、何故だか、ザックスの顔は苦痛や悲しみに歪んではいない。
全てを受け入れる、空のような目をしていた。
歩み寄るクラウドに、バスターソードを渡す。
全てを、クラウドに託して、目を閉じるザックス



うううううぉおおおおおおおおおおおおおおお

ザックスーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!(号泣)

なんて切ないんだ!涙が止まらない・・・
ついでに鼻水も止まらない・・・

一年分の涙を流した。

なんか、最後まで晴れ晴れとした表情のザックスが、逆に見ていて切なかった。
ほんとに、ソルジャーである自分に誇りを持ち、最後までソルジャーだったと思う。

真のソルジャーはザックスだ!

そして、キャッチコピーである『男たちは己の悲運より、友のために涙を流した』
とゆうのが、まさにその通りなんだと思った。

自分の人生がどう、ではなく、目の前の友人を助けるために命を燃やし続けた。
それが、ザックスだと思う。
ほんとに、素晴らしい人だと思う。格好いい。カッコイイってこうゆうことを言うんだ。


そして、FF7へとバトンタッチしていきます。
クラウドは、ザックスのバスターソードを背負い、星の危機へと巻き込まれ、
セフィロスとの因縁、そして自分自身と向かい合わなければならない悲劇へと立ち向かって
いきます。
そしてエアリスと出会い、仲間と出会い、たくさんの事を学ぶのです。

FF7はなんて濃いゲームなんだろう!
FF7が好きでよかったと思いました。
こんなにも、感動を与えてくれるゲームが生まれたことに感謝したいです。
ありがとう、ザックス。

当分、綾香の歌を聞くと涙腺が緩みそうです 笑

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<逆境無頼カイジ 第二十四話『条件』 | HOME | CRISIS CORE-FINAL FANTASY VII->>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。